■新情報
【アリスの作曲★大作戦】 7月23日(土)・24日(日)

今週末(23、24日)の日生劇場公演。

すごいことになってきちゃいました。

今までの日生劇場のアリス公演は、子供向けプログラムという性質上、お話(芝居)がメインで、その中で音楽に関する教育的な内容が盛り込まれ、有名曲がそれに合わせて挿入されるという形を取っていました。

今年は10年目で10作目のアリス公演なのですが、今まで数度、編曲者として関わってきたこのアリス企画を通じて、全編音楽のような、芝居と音楽が対等にストーリーを進めていくようなものもできないものかと考えていました。

それを10年目の今回に挑戦というか実現することにしたのです。

簡単に言ってしまうと、幕が開いてから降りるまでずっと音楽が流れている舞台。

オペラのイメージに近いですが、オペラはセリフも歌で進行しますが、こちらは普通に芝居として演じられます。

ですから演技者は音楽をある程度体で感じながら、それを自分の芝居と結びつけていかなくてはなりません。

音楽を奏でる方だって、芝居の動きを意識しながら、テンポ感を毎回微妙に調節しなければならないのです。

大変なことを考えてくれた!とブーイングの嵐になることも覚悟しましたが、演者も演奏者も演出家も制作サイドも、皆さんがそれを面白がって、苦悩しながらも前進させてくれました。


そして。。。

どうやらスゴイ舞台になりそうです。

バックは生のフルオケ。

それが芝居と絡まってアリスの舞台を形作っていくのです。

前半はタブレット端末の中に浮かび上がる小編成のオーケストラ。

後半は舞台前方の演劇スペースにまで広がってくる大編成のオーケストラ。

いくつもの有名曲はこのそれぞれの編成にフィットするように書き換えてあり、それらはずっと進む音楽の中に組み込まれて、再構成されています。

ショパンの「別れの曲」やモーツァルトの「トルコ行進曲」もピアノではなく、フルオケで演奏されますし、オーケストラようにデフォルメされているのです。

この結果、これらの曲もまるでこの芝居のために描かれているかのような感覚を得られ、それは特に演奏者にとってはカットなどによるテンションの低減を避けるという利点も生むんでいます。



そして音楽的な仕掛けは至る所にあり、例えば冒頭で全自動化された近未来に暮らすアリスが、気に入った音楽を見つけるために次から次へと音楽を選択、捨てていく場面には、有名曲が次から次へとめくるめく変えられ、途中からは複数の音楽が同時になってしまう異常な音空間になるのですが、それらも全てオーケストラによって表現されます。


お客さんと一緒に見つけたハンドベルを並べ替えて作曲をするシーン。

子供はなんとも思わないでしょうが、そのハンドベルはそれ自体は音は鳴らなくて、なるのはオーケストラの楽器達なのです。



そしてそこで子供達と並べた音はメロディーになり、テーマ曲のサビへと変貌し、その美しい(自分で言っちゃしょうがないけれど)音楽が地球の崩壊を阻止するというハッピーエンドにつながるのですが、こうした細かい仕掛けは子供より大人が楽しめるものです。

(子供にはギャグや個性豊かなキャラクターたちの会話などが用意されている。)

今では演者、奏者の全てがこの音楽的時間に束縛される特殊な芝居感覚を手中に収めたようで、飛躍的に舞台の完成度と発酵度が高まっています。



二日間、4公演という少ない回数でしか見られない、でも価値ある舞台だと思いますので、子連れでなくても、一人でも、大人同士でも、この舞台を是非とも見ていただきたいし、見て損は絶対にしないだろうなという確信が生まれてきたので、この段階で強く宣伝することと致しました。


是非観劇、ご検討頂きたく!!!








http://famifes.nissaytheatre.or.jp/2016_info/alice/


【イマジンインタビューシリーズ】
トーク・ドアB公開!!

音楽事務所・コンサートイマジンの素敵なアーティストにパーソナリティ・木山みづ
ほがお話を伺う「トーク・ドア」の第3回に加藤昌則が登場しています。
https://www.youtube.com/watch?v=sl1nPstTQnA

↑インタビューの様子はこちらでご覧いただけます。


「LIVING ROOM CAFE by eplus」
“サンデー・ブランチ・クラシック” 加藤昌則


http://eplus.jp/sys/web/s/sbc/0626masanorikatoh.html
日時:2016/6/26(日) 13:00、15:00(各30分)
会場:LIVING ROOM CAFE by eplus(渋谷区)
久々のソロライブの様相です。
短いコンサートですが、おくつろぎがてら是非お越しください!!



■NHKいじめを考えるキャンペーンソング、加藤昌則が混声3部とピアノ伴奏に編曲したものが、ダウンロード配信されています。
http://www.at-elise.com/elise/JPDPNH01680/
高橋みなみ(作詞)×秋元康司(プロデュース)
いじめを考えるキャンペーンソングを制作
http://www.nhk.or.jp/ijimezero/song/


キットカットショコラトリープレミアムシアターの動画が公開されました!
是非お聴きください!

加藤昌則作曲:Cacao66
高木シェフの情熱ストーリーの感動から、キットカット完成までと味わいを
3つの楽器で表現

須川展也(サクソフォン)、奥村愛(ヴァイオリン)、加藤昌則(ピアノ)
詳細 https://nestle.jp/brand/kit/chocolatory/theater.html


『プレミアム・ショコラトリー・シアター from キットカットショコラトリー』
企画に参加。



『ル パティシエ タカギ』の高木シェフが想いをこめて全面監修した『キットカットショコラトリー・シリーズ』の新しいプロジェクト『プレミアム・ショコラトリー・シアター from キットカットショコラトリー』に参加します。

11/28(土)加古川市民会館での、加古川クラシック音楽祭にて、須川展也(サクソフォン)・奥村愛(ヴァイオリン)・加藤昌則(作曲・ピアノ)がこのプロジェクトの為に加藤昌則が作曲をしたオリジナル楽曲を演奏する予定です。

是非いらしてください!
詳細→http://www.concert.co.jp/news/detail/731/


「ピアノグランプリ2016」

加藤昌則、「ピアノグランプリ2016」に審査員として参加します。
ご興味のある方はぜひご覧・ご応募下さい!

戸塚区民文化センターさくらプラザ
http://www.totsuka.hall-info.jp/event/pianogurannpuri2016.html
コンサートイマジン 加藤昌則公演情報
http://www.concert.co.jp/concert/detail/1074/


加藤昌則作曲「Legends in the sky」が放送。
TOKYO FM 《SYMPHONIA》 6月特別コーナー
Panasonic presents 北東ドイツ音楽紀行
〜ヴァイオリニスト宮崎陽江さんとともに〜にて
先月北東ドイツ・シュトラールズントにて演奏された
加藤昌則作曲《Legend in the sky》のその模様が放送されます。
是非お聴きください。

日時:6月26日 5時15分ごろー5時55分ごろ
演奏:ゴロー・ベルク(指揮)、北東ドイツフィルハーモニー管弦楽団

ホームページ:http://www.tfm.co.jp/timetable/
facebook:http://www.facebook.com/symphoniaTFM


教芸のスプリングセミナーに参加して新作を初演します。
今年も教芸の新作を書きました。作詞はたかはしけいすけさんに依頼。 素敵な詩です。今年の教芸の新作の披露会「スプリングセミナー」に参加することになりました。
今年担当するNコンの小学校課題曲のレクチャーもする予定です。
http://www.kyogei.co.jp/data_room/spring-seminar/2015.html


スロヴァキアン・ラプソディー(吹奏楽版)が披露されます。
改定初演。須川さんのお墨付き(?)です。
東京佼成ウィンドオーケストラの第123回定期演奏会。
4月26日(日)東京芸術劇場
http://www.tkwo.jp/2014/09/123.shtml


Nコン2015
昨年に引き続き第82回全国学校音楽コンクール(Nコン2015)の小学校部門の課題曲を担当しています。 その課題曲を披露する番組が放映されます。

放送日 2/22(日)16:00〜17:00 NHK Eテレ
番組詳細: http://www.nhk.or.jp/ncon/pr_info/01.html
小学校の課題曲については http://www.nhk.or.jp/ncon/music_program/kadaikyoku_e.html

曲はすでに出来上がっています。たくさんの小学生に歌って欲しいなと思って書いた曲です。どんな曲になったのか!?僕にしては珍しい!!??どうぞご覧ください。
番組にもちょこっと出るのではないかと。


NHKららら♪クラシックにて、演奏映像が放送されます。
NHKららら♪クラシックにて、 以前放送された、奥村愛(ヴァイオリン)、加藤昌則(ピアノ)による、クライスラー作曲「愛の喜び」の演奏映像が再び登場します。是非ご覧ください。
【番組名】ららら♪クラシック
【副題】名曲集〜大作曲家たちの“恋愛模様”〜
【出演】ベリッシモ・フランチェスコ(タレント・料理研究家)、奥村愛(バイオリン)、
加藤昌則(ピアノ)石田衣良、加羽沢美濃、ほか
【本放送】2015年2月7日(土)21:30〜21:59 Eテレ 全国放送
【再放送】2015年2月9日(月)10:25〜10:54 Eテレ 全国放送
http://www.nhk.or.jp/lalala/


加藤昌則がピアノとオーケストラの協奏曲版に編曲した、
「ドビュッシー:アラベスク」がNHK名曲アルバムにてOAされます。

名曲アルバム「アラベスク」
作曲:ドビュッシー
編曲:加藤 昌則
演奏:
萩原 麻未(ピアノ)
飯森 範親(指揮)
東京フィルハーモニー交響楽団
映像:パリ、サンジェルマン・アン・レー(フランス)
 
放送予定:2015年
1月06日(火)Eテレ 06:20〜06:25
1月11日(日)総合 04:20〜04:25
1月28日(水)Eテレ 10:25〜10:30

http://www.nhk.or.jp/meikyoku/schedule/s1501a.html#d06


昨年11/11(火)にHakuju Hall で初演された「刻の回廊」のリハーサルでの
長谷川陽子さんとの告知動画がYou tube上で公開されています。


公演情報 http://www.hakujuhall.jp/syusai/12.html





 
加藤昌則に関するご意見・ご感想・メッセージ等は、こちらへ。
message@masanori-music.com

 


プロフィール
作品一覧
公演情報
過去の公演
メッセージ
酔いどれコラム
作品集
ギャラリー
リンク
   
What's new

2016年7月21日
プロフィールを更新しました。

2016年6月29日
スケジュールを更新しました。

2013年8月31日
加藤昌則(作曲家)が作曲で参加したオペラ「白虎」(平成24年7月に初演)が優れたオペラ作品に贈られる第11回佐川吉男音楽賞に選ばれました。東北地方の団体の上演作品が受賞するのは初めてとのこと。
詳細はこちらをご覧ください。

 

加藤昌則
Historyにてプログラム解説等、執筆分野の履歴も公開。公演や内容によっては、文章の公開も今後あり。


 
   
copyright (c) 2007,Music World by Masanori Katoh. all right reserved